忠田愛(絵)+高橋利哉(詩)ライヴに向けて
by AI-TOSHIYA
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


きんざ

e0130424_22361096.jpg
知って
いるのでしょう この部屋で
行われていたこと まだ
夜の側にいて
あまいものを食べて
眠りにおちて

あなたには
やさしくしてあげました それなのに
気がつくと
誰もいなくて
野もなくて
山もなくて
鳥もいなくて ここは
どこですか

手に残っている
とても
ほそい流れ 残酷な
肌触りの

花が咲きました
またひとつ
花が咲きました

そのぶん世界が
暗くなりました
すごしだけ
暗くなりました
[PR]
# by ai-toshiya | 2008-07-16 22:48 | □高橋利哉

きんざ

読みました。ぎゅっと濃縮された感じで長さもバランスも好きです。
たくさん考えてくださった後に、言うのが心苦しくもあるのですが

手に残っている
とても
ほそい流れ 残酷な
肌触りの

をもういちど、いれていただくことはできないでしょうか?
何回も読んでみて、この4行、やっぱりほしくて。
利哉さんらしいとも思うから。
私の中のイメージは、あれから詩を何度も読むにつれその円(花)のイメージがほどけて線になり線の上の花びら、花びらが煙にと変化しつつあるのですが、イメージ写真を今から写メールで送りますね。
[PR]
# by AI-TOSHIYA | 2008-07-16 22:19 | ■忠田愛

プログラム(トップ画面に置いときます)

1. 幸福を超えるのです 約2分                  愛1枚目

  <MC/ごあいさつ/ゆうこさん紹介>

2. ころす 約1分                          愛2枚目

3. スープ 約1分半                        愛3枚目

  <MC/愛ちゃん紹介・知り合った経緯など>

4. 日ざかりの小径で 約3分                愛4枚目 yukiyuki1曲目 

  <MC/yukiyukiちゃん紹介>

5. チャイブの花 約3分                     愛5枚目 yukiyuki2曲目

  <MC/自己作品について>

6. 戦争の話をしてください 約2分               愛6枚目
 
7. この雲も、嵐も 約3分

 <MC/新作について・今後の予定など>

8. きんざ 約2分                        愛7枚目

9. femme(for every mothers) 約3分            愛8枚目

  <MC/お礼>

10. パーティーがはねて 約5分    愛9枚目with皆様 yukiyuki3曲目

  <MC/スタッフ紹介>


愛ちゃんへ。「きんざ」とりあえず書いたけど自信なし。感想もらえるとありがたいな。あと「やがて緑色の夏が来て」は意味の脈絡が薄い詩なので、読むのがちょっと怖い、なので旧作femmeに変えたけど、それについても何かあれば。

[PR]
# by ai-toshiya | 2008-07-16 12:28 | ++セッション++

[エスキス] ai-chuda2(仮題)

名も知らぬ草と
汀のできごと もう、こんなにも
息があがって
さっきから手を洗っているのに
どうしても魚の臭いが消えないのです
まだ陽射しはあまり
強くないから
枝をくわえた小鳥は
今逃がしましょう 種が
たくさん撒き散らされて
あなたもわたしもいずれそこから

風はもう止んで
焼跡からはやさしい歌が

わたしの母は からだじゅうから
若い芽を吹いて
死にました その
あなたとの似姿を
横取りしたいのです
[PR]
# by ai-toshiya | 2008-07-15 02:48 | □高橋利哉

計時

プログラムに赤字でのせてあります。「きんざ」はまだ未定。逆に愛ちゃんのほうで、これをもっとこうしてほしいところがあったら言ってね。
[PR]
# by ai-toshiya | 2008-07-08 12:46 | □高橋利哉